独学と専門学校

公務員試験は沢山の授業科目をクリアしなければ合格することができません。そんな公務員試験を受けるために、独学で勉強しようと思っている方もいるのではないでしょうか?独学で学ぶメリットは費用を安く抑えることができる上、自由に学習時間を設定できるということが挙げられます。それに対し、公務員専門学校に通うメリットは、カリキュラムを学校側・講師側が組んでくれるため公務員試験で合格するための最適なテキスト・模試が自動的に組んである点や、他の受験生と同じ小テストや勉強を受けるため自分がどれくらい公務員試験を受ける上での知識があるか分かる点にあります。また、短期合格や学習効率・学習効果の面で考えると公務員専門学校に通う方が独学に比べ大きなメリットがあります。勿論、独学で合格できる方も沢山いますが、上記に挙げたメリットを考えると公務員専門学校に通う方が絶対安定的だと言えます。

公務員試験は職種によってレベル分けがされており、どの試験においても多くの知識が必要です。そのため全国各地には公務員専門学校が数多く存在しており、そこには多くの生徒が通っています。大半の公務員専門学校は半年から1年程のクラスルーム性になっており、公務員試験に精通した専任講師がいます。朝から晩まで開講している学校が多く、好きな時間に勉強に向かう環境が整っているため、自分で勉強を進める事が難しいと感じている方にはお勧めです。